2017年05月17日

低金利も可能なブラック向け中小金融業者

中小金融業者であればブラックリスト入りしている人でも低金利で借り入れができるという事をしっていましたか?ブラックリスト入りしている人はなかなか借り入れできないようなイメージもありますが、まだまだ全国にはこのような業者があるのですが、なかなかご存じないかたも多く、大手の有名な消費者金融へばかり申し込みを続けてしまい、大手の特徴である厳しい審査基準に打ちのめされて諦めてしまっている人も少なくありません。

しかしこのように一方では、大手で審査落ちになってしまった人も対象として融資をしてくれる業者があります。中小業者は大手にほとんどのお客さんを取られてしまっていますから、せめて大手で断られてしまった人も積極的に迎え入れていく必要があります。

ブラックリスト入りしている人は過去に金融トラブルを起こして、貸主である金融業者にマイナスとなることをしてしまった為にその個人情報とともにブラックとなっている記録が残されています。その情報はまた再発を防ぎ、業者側にとって被害がでないように審査時、他の金融業者での取引データも見れるようになっています。これは個人信用情報機関というところに今までその人がいくら借り入れをしていたのかなどの情報が記録されているので、そこへデータ問い合わせをすればわかってしまうのです。

ブラックリスト入りしている人は、大手の消費者金融では特に重要視されてしまい、まずほとんどの確率で融資を受けることができません。そもそもブラックリスト入りしている人へは融資をしないと決めているのですから、いくら申し込みをしても無駄です。一応、業者が違えばその審査基準は違うはずですが、細かい部分に差はあっても、このブラックリスト入りしている情報への反応は、大手の場合ほとんど変わりません。
その為に大手で断られてしまった人が次に申し込みで流れていくのが中小規模の業者です。まず初めから中小の業者へ申し込みをしてくる人がほとんどいないので、中小業者にとっては大手で断られてしまったお客さんも対象として融資をする運営を行っています。もちろん審査はあるので一定条件はクリアする必要がありますが、その基準はもちろん大手よりも簡単なものになっています。その為に、ブラックリスト入りしてしまった人であっても融資を受けられる可能性があるのです。

中小業者では低金利で借り入れできたり、即日でコンビニのATMから融資を受けられたりと、大手とほとんど変わらないサービスを受ける事も可能です。
なかなか目を向けてもらえない中小業者ですが、その陰ではこれだけ魅力的なサービスを行っているのです。

2017年05月08日

ブラックでも即日で手元に現金 審査甘い中小金融

ブラックの人も即日で融資を受けることができます。

即日融資をするためには業者側が新規申込者をスピーディーに審査判断することが必要であり、それだけ慎重に審査する時間がないのですから、リスクあることになります。ですから予め、審査基準を厳しめに設定して、そもそもリスクある人には貸し出しをしない基準をなっていることも多いです。特に大手の消費者金融は融資対象としてまずブラックリスト入りしている人を含めていないことも多く、審査申し込みの段階で除外されてしまいます。ブラックリスト入りしている人が融資をなかなか受けられない理由の大きな原因がこれです。そもそもブラックリスト入りしている人には融資をしない業者が多いのです。

ブラックリスト入りしている原因も人それぞれですが、ほとんどの人が支払いを長期延滞してしまっていたり、借金を踏み倒してしまう手続きである自己破産や、債務整理などの任意整理、代わりに保証会社から返済をしてもらう代位弁済などが主なブラックとなる理由です。どれもやはり消費者金融側にとってはマイナスとなることであり、その為にブラックリスト入りとして情報共有され、「この人物は過去に金融業者側に不利益となるトラブルを起こした人」として見られてしまいます。

しかし、ブラックリスト入りしている人でも、融資を絶対に受けられないわけではありません。今まで融資を断られてしまっていた人も諦めずに業者選びを続けてみてください。重要なのは業者選びであり、それぞれ審査基準の異なる業者の中からいかに審査の甘い消費者金融業者を見つけられるかによって融資してもらえるかどうかが変わってきます。ブラックリスト入りしている人が融資をうけられる業者も実は数多くあるのですが、業者選びを疎かにしている人は必然的に審査の厳しい業者へばかり申し込みをしている事が多く、そのままでは一向に融資を受けられないでしょう。
では、審査の甘い業者とはどういった業者なのでしょうか。実際に見つけづらい理由の1つとして、それらの業者は小規模であることがほとんどなのです。小規模なので、あまり表立って広告をうてるような資金がないため、大手の消費者金融に隠れて営業をしています。大手は資金がありますから大体的に宣伝ができるので、あれだけ一般層にも認識され、融資を希望する人のほとんどが大手の消費者金融へと何も意識せずとも申し込みをしていることが多いのです。
ブラックでも融資を受けられる、中小規模の消費者金融は即日融資も可能ですし、大手と変わらない金利の低さで取引している業者もあります。それらの設定も業者によって異なりますから、きちんと業者選びをしてみましょう。

2017年05月05日

中小金融ならブラックでも審査通過できる

中小金融業者であればブラックの人も融資対象となる審査基準をもっています。全ての消費者金融でブラックリスト入りしている人がはじかれるわけではなく、その消費者金融ごとによって決められた審査基準にそって判断されているので、このようにブラックリスト入りしている人に対しても融資をしてくれる業者はまだまだ存在するのですが、あまり認知度がありません。

中小の業者は大手ほどの資金がないのであまり大きな広告などが出せません。実際、中小の業者を調べてみても、ほとんどが耳に馴染みのない業者名であることがほとんどです。一般的に知られている有名な消費者金融は全てが大手の業者ばかりであり、よく街中にも無人契約機を設置していたり、街中に至る所に看板がでていたり、最近ではテレビCMも多くなりましたから、借金をしたことがない人でも、大手の消費者金融会社は知っている人が多いと思います。

だいたいの人が消費者金融を利用した際にはその認知度や申し込みの手軽さから、大手の消費者金融へ申し込みをします。大手のほうが安心して利用できそうなイメージもありますし、多くの人が利用しているでしょうから信頼度も高いと考えられます。実際に申し込みをしたことがある人も多いと思います。しかし実際は審査基準がかなり厳しく設定されています。大手の消費者金融で融資をうけられる人は、他の中小業者などへ申し込みをしても間違いなく融資してもらえるでしょう。それほど好条件です。大手の消費者金融こそが、業界内でも特に審査基準が厳しく設定されているのです。

ですが実際、融資を受けようとしたばかりの人が、そのように細かく審査基準を意識して業者選びをすることも無いかもしれません。初めて申し込みをした業者が大手であっても、初めて借金をする人は今までの借り入れがないので条件もよく、問題なく借り入れできることがほとんどです。しかし、大手の消費者金融で審査落ちになってしまった人は申告です。他の大手業者へ申し込んでもまた融資を断られてしまうことがほとんです。

しかし知っているのが大手の消費者金融だけなので、すぐに申し込み先が思いつかなくなってしまいます。それではもう借り入れできるところがないのかというと、そうではありません。中小の消費者金融があります。中小の業者であればブラックの人も借り入れすることができますから、広い視野をもって業者選びをしてみましょう。