中小金融ならブラックでもスピード対応

よく、ブラックリストという言葉は借金をしたことがない人でも聞いたことのある言葉だと思います。これはこういった返済トラブルなどになった人たちの名前が記載されたリストがあるわけではなく、個人情報機関に返済トラブルなどの事故情報が載ったことを、ブラックリストに載ると呼んでいるのです。 普段の生活において、すぐに現金がほしい、お金を借りたい、できれば早急に今日のうちにお金が欲しいということももちろんあります。大手の消費者金融こそスピード対応で最短30分審査、すぐに融資をしてくれることを大体的にアピールしたCMなどで宣伝していますので、こういった即日融資を希望する人は大手の消費者金融へ申し込んでいる人がほとんどでしょう。 しかし、ブラックリスト入りしている人は、大手の消費者金融ではその過去のトラブルがひっかかってしまって借り入れができない、審査の段階で断られてしまうことがあります。実際にそのような体験をされている方も少なくありません。 では、ブラックリスト入りしてしまっている人は永遠にお金を借りられず、急な出費の場面でもなんとか自力でやり過ごすことしかできないのでしょうか。 中小金融の業者でも、スピード対応で即日融資をしてくれる業者があります。中小の消費者金融は審査の際にブラックリスト入りしているかどうかのチェックはしますが、大手ほど重いレベルには捉えません。ブラックリスト入りしている過去があったとしても、あまり重要視せずに審査を進め、いま現在きちんとした収入があって今後も継続的な勤務が見込める…

続きを読む

中小金融であればブラックでも借りれる

中小金融であればブラックでも借りれる可能性が高くあります。ブラックになってしまった人は過去に何かしらの金融事故を起こした人であり、その多くは支払いのときにきちんと決められた期日までに返済ができずにそのまま3ヶ月延滞してしまった長期延滞によるブラックの人や、自分の資産を手放す代わりに借金を帳消しにする処理をしている自己破産手続きなどもこれらに該当します。 いずれにしても業者側からすれば不利益となる事柄です。融資をする際の契約ではきちんと期日までにいくら払うかというのを約束しているはずですから、その契約を破ってさらに踏み倒しとなれば信頼関係を大きく傷つけてしまうことに違いありませんから、業者側もその情報を他の金融業者もチェックできるように、個人信用情報機関というところへ情報提供します。その情報はまたその個人が他の金融業者へ申し込みをした時に、その個人情報から紐付けて他社の借り入れ情報が見れることになっていて、その際に過去の延滞や自己破産の手続きをとっているかなどの確認ができます。これによって新たにやってきた新規のお客さんでも信頼できる人間なのかどうかすぐにリアルなデータを元に判断をすることができますから、金融業者の各社はその情報をたいへん重要視しています。 そのため、ブラックリスト入りしている人というのはたいへん重く見られ、もしかするとまた自社で貸し出した分も踏み倒させれてしまったりするのではないかという危険性がありますから、業者側も融資に対して慎重となります。過去に返済をしてくれなか…

続きを読む